菊花賞 回顧

2016/10/26 09:09
まさかのレインボーラインが2着とは、、、 完敗です。 サトノダイヤモンドについては余計な事を考え過ぎた。 ダービー終了時点で菊花賞馬だろうと言っておきながら、レースが近付くと変えてしまう悪い癖が直らない(笑) ただ第77回開催だから勝てたのだとも思う。 そしてそのままアサクサキングスを再現できないから神戸新聞杯をゾロ目の1着で勝つ。 ※サトノダイヤモンドは2着同枠馬として菊花賞へ出走してきた。 まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256G..

続きを読む

菊花賞 結論2016

2016/10/26 09:03
◎ディーマジェスティ ◎サトノダイヤモンド ◯カフジプリンス ◯レッドエルディスト △ウムブルフ △ミッキーロケット △ジュンヴァルカン Zenlogic 以前に書きましたが、ディーマジェスティは2着までじゃないかと思うのと、サトノダイヤモンドも許可型なのか微妙なところもある。 だからあくまで連対軸として考えている。 07年1着アサクサキングス きさらぎ賞①→皐月賞⑦→NHKマイル⑪→ダービー②→宝塚記念⑮→神戸新聞杯② 09年5着..

続きを読む

菊花賞 事前③

2016/10/23 10:53
夏季以降、古馬条件戦出走馬について。 ■過去連対馬 86年1着メジロデュレン 樽前山特別①→嵐山特別① ※競走中止あり 90年1着メジロマックイーン 木古内特別①→大沼S①→万葉S② ※出走取消戦 95年2着トウカイパレス 京都500万①→函館日刊スポーツ杯③→松前特別②→みなみ北海道S②→STV杯①→京都新聞杯④ 97年2着ダイワオーシュウ 福島500万下①→三面川特別①→セントライト記念② 01年1着マンハッタンカフ..

続きを読む

宝塚記念 事前④

2016/06/17 09:06
ここからは相手について考察を進めていくが、その前に決着性について少し。 スポンサーリンク キタサンブラックを軸とした場合、相手は必然的に非G1馬を考察する。 宝塚記念はクラシックを敗けた非G1馬の為の競走であり原則G1馬同士の決着は行わないからである。 例外は過去3年。 該当年度は、88年、89年、99年 上記3年は天皇賞(春)馬と安田記念馬の組合せで決着している。 88年、99年は当年天皇賞(春)馬と当年安田記念馬で馬連1番..

続きを読む

宝塚記念 事前③

2016/06/12 09:25
事前②から更なる仮説展開へ。 トウカイテイオーが1人気で5着に敗れた天皇賞(春)の 勝馬は、前年連対馬の5歳菊花賞馬メジロマックイーン。 今年は前年覇者6歳ラブリーデイと4歳菊花賞馬のキタサンブラックが出走予定。 92年天皇賞(春)の再現をするならば、勝つのはどちらかではないかと。 ●キタサンブラック 皐月賞③→ダービー⑭→菊花賞①→有馬記念③→大阪杯58キロ②→天皇賞(春)58キロ① 事前メール①で述べた通りクラシック馬の許可型となる天皇賞(..

続きを読む

宝塚記念 事前②

2016/06/11 08:43
事前①の続きを。 では次に未連対側のクラシック馬を見て行く。 15年4着トーホウジャッカル 菊花賞① ※菊花賞から直行 15年11着ワンアンドオンリー 皐月賞④→ダービー①→菊花賞⑨→ジャパンC⑦→有馬記念⑬→ドバイシーマクラシック③ 11年3着エイシンフラッシュ 皐月賞③→ダービー①→ジャパンC⑦→有馬記念⑧→大阪杯③→天皇賞(春)58キロ② 10年13着ロジユニヴァース 皐月賞⑭→ダービー①→日経賞⑥ 09年3着ディープスカイ..

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ