函館記念 回顧

2016/07/22 08:52
単勝1番人気は条件戦馬のバイガエシ。 従って自身を含めて、バイガエシの戦歴の一部が連対馬へ共有される。 バイガエシは函館記念が古馬オープン戦以上初挑戦かつ、前走夏季函館1000万を勝ち上がり。 ここから共有戦歴をどのように解釈するかによって景色が全く変わる。 ①(ア)古馬オープン戦以上敗退歴なし ①(イ)古馬オープン戦以上賞金加算歴なし ②(ウ)夏季函館1着(賞金加算)歴あり ②(エ)夏季函館敗退歴なし ※①②ともにハンデキャップ期間..

続きを読む

函館記念 直前見解

2016/07/17 15:55
◎バイガエシ ◎ネオリアリズム ◯マイネルフロスト ◯ツクバアズマオー ◯マイネルミラノ 注トゥインクル 注ファントムライト 私はバイガエシ連軸で参加します。 スポンサーリンク ネオリアリズムはバイガエシからだけ押さえますが、私が外すならネオリアリズムが来てバイガエシが来なかった場合ではないか。

続きを読む

七夕賞 雑感 → 函館記念 見解

2016/07/17 08:43
先週は不甲斐ない見解で申し訳ありませんでした。 雑感程度ですが、簡単に回顧を。 まず私が外す場合、来るのは4枠だろうと想定していましたが、正にその通りとなった。 1着アルバートドックは『4歳馬』 この時期の4歳馬は、ハンデキャップ期間内に3歳戦歴が含まれることが多いので、その辺りの解読がポイントとなるが、私はまだ完全ではない。 読み違いならば、勝つのはアルバートドックはある意味納得の結果。 次に2着ダコール。 ハンデ重賞専門と言える馬..

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ