天皇賞(春) 回顧

2016/05/03 08:35
簡単に回顧を。今週は集中して考察する時間があまり取れず、何とも中途半端な状況での見解となってしまいましたが、当たらないのは当然の結果でした。ゴールドアクターが危険な人気馬なのは先に書いた通りで、当初から疑っていた。そこからの自分の理論展開が今一つでしたが、ブログ内容及び、印の通りで、フェイムゲームかサウンズオブアース、キタサンブラックのいずれかが勝つんだろうなとは思ってました。冷静に考えてみれば、わざわざ2頭のルドルフを用意して、その2頭に1、2番人気を独占させたのだから、ゴ..

続きを読む

フェブラリーS 結果

2016/02/22 00:00
ほぼ予想通りの結果となり、あまり振り返ることもないが、簡単に回顧を。まずは久しぶりの馬連、三連単的中となり、個人的には幸先の良いスタートが切れたと思う。■根岸S馬の連対馬01年1着ノボトゥルージャニュアリーS①→根岸S① ※現設計時期への移行初年度05年1着メイショウボーラーガーネットS①→根岸S①※第22回ゾロ目開催12年2着シルクフォーチュン プロキオンS①→南部杯③→武蔵野S⑨→根岸S①※根岸Sサブタイトル付き※南部杯、東京開催16年1着モーニン秋嶺S①→武蔵野S1人気..

続きを読む

有馬記念 備忘録

2016/01/07 00:00
やはり年度代表馬はモーリスでしたね。おそらく回顧内容は正しいかと。昨年の決着性について、更に事後検証した内容を以下に纏めました。まずファン投票10位外決着は、87年以来2度目。共にファン投票1位の当日単勝1番人気馬が連対を外した結果、起こっている。勝馬は古馬G1初出走で、G1出走は前年菊花賞以来も共有している。1987年有馬記念1着メジロデュレン※4歳馬※前年菊花賞①着(最先着馬)※古馬G1初出走2015年有馬記念1着ゴールドアクター※4歳馬※前年菊花賞③着(相手人気最先..

続きを読む

有馬記念 回顧

2015/12/27 23:00
全く想定外の決着にレース終了後は、暫し茫然としてしまいました…(笑)今迄のセオリーが崩壊する様な決着となった有馬記念でしたが、丁寧に振り返ってみると、やはり理に適っているなと。少し長くなりますが、詳しく振り返ってみたい。まず有馬記念ファン投票1位馬は、原則当日単勝1番人気を取らないと連対出来ない。事前では抜けたが、例外は下記の2年となる。1990年有馬記念ファン投票1位、当日単勝4番人気1着オグリキャップ1999年有馬記念ファン投票1位、当日単勝2番人気2着スペシャル..

続きを読む

朝日杯FS 回顧

2015/12/20 20:00
簡単に回顧を。エアスピネルは2着でしたが、正直2着は想定外でした。しかし過去の無敗デイリー杯馬の連対馬は全て2着型だったので、終わってみれば納得ではありますが。但し特殊決着しかないと言ったことは、正しかった。①枠連ゾロ目②馬連万馬券③馬連1番人気決着3つの特殊決着の内、①②の馬券は購入するも残りの③で決まるのは、実に私らしい勝負弱さ(笑)過去一戦一勝馬が連対した時は、かなりレベルの低い出走構成だったと述べたが、今年(地)の牝馬が出走していた事が出て行けた理由なのかもしれません..

続きを読む

阪神JF 回顧

2015/12/13 23:00
皆さん結果はいかがだったでしょうか、当方は本線で的中する事ができました。最後に再浮上させたウインファビラスが②着と言う結果に。同馬の解釈については、 新馬→ご当地重賞連続賞金加算の新型許可証馬かどうかがポイントでした。結論は新型許可証馬と判断しましたが、正解だった訳です。これを詳しく書くと大変な量になるので割愛しますが、同馬と比較検討したのが、ステップ競走未連対敗退の許可型、ゲイリーファンキーとショウナンパントルの2頭。99年2着ゲイリーファンキー新馬①→新潟2歳S①→ファ..

続きを読む

もっと見る

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ